アーカイブ: 活動

10月のサイエンスカフェを開催しました<2023.10.9>

10月のサイエンスカフェでは、株式会社文一総合出版で編集のお仕事をされている、今井悠(いまいはるか)さんに講演いただきました。 先月行った生物実習でも文一総合出版の生物系のハンドブックを使いましたね。今井さんの出版社では、もっと専門的な図鑑や子供向けの児童書なども出版されており、… 続きを読む

SKIPとGFESTが合同で生物実習を実施しました

秋晴れの筑波大学において、SKIP生とGFEST生が一緒になって生物実習を行いました。 筑波大学保全生態学研究室の横井 智之先生と山岳科学センターの藤田麻里先生にお世話になり、身近な場所にいる生き物や、身近な環境を調べることで、「生物多様性(Biodiversity)」を体験しま… 続きを読む

2023年度夏の個人研究発表会を開催しました<2023.9.10>

受講生全員が夏休み期間中に個人研究を行い、その成果をオンラインでの発表会で披露しました。 テーマの設定から、実験の進め方、ポスターへのまとめ方など、それぞれの工夫やアイデアが光る内容となっていました。 新規生発表タイトル ・どうしたらアメジストを作れるか ・ ムペンバ効果の濃度の… 続きを読む

夏のサイエンスキャンプに行ってきました<2023.8.1~2>

  茨城大学理学部と共催して、北茨城へサイエンスキャンプに行ってきました。1日目は茨城大学宇宙科学教育研究センターを訪問しました。「宇宙について知ろう」では、大きなパラボラアンテナの見学や分光器を作って様々な光を観察する実習を行いました。   また、宿泊先の五浦観光ホテル本館の特… 続きを読む

2023年度全体プログラム「個人研究の進め方(講義)」と「化石発掘(実習)」を実施しました<2023.7.9>

2023年度の最初の全体プログラムはオンラインで開催しました。「個人研究の進め方(講義)」では、ブレイクアウトルームに分かれ、個人研究のテーマや仮説の立案の練習、実験を行う上で注意することなど、受講生みんなで確認できました。 「化石発掘」の実習では、化石について学んだ後、化石原石… 続きを読む

2023年度新規受講生の選抜試験を実施しました<2023.6.11>

6月11日、筑波大学で実施した選抜試験には、科学が好きな小学5年生から中学3年生の約130名が挑戦してくれました。筑波大学で実際に行われている研究を題材にした4科目の講義では、液晶を作る実験を体験したり、本物の化石を観察したりと、参加者が楽しんで受講できるよう工夫されていました。… 続きを読む

個人研究討論会とプラズマ研究センター見学会を実施しました<2023.5.28>

R5年度継続生のプログラム、個人研究討論会と施設見学会を実施しました。 各自が個人研究について説明した後、お友達からの質問に答えたり、課題を一緒に考えたりと、未来の科学者を感じさせられる討論会となりました。 施設見学会では、筑波大学プラズマ研究センターを見学しました。センターでは… 続きを読む

修了生を招いてサイエンスカフェを開催しました<2023.5.13>

筑波大学春日エリアにて、対面でのサイエンスカフェを開催しました。生憎のお天気でしたが、修了生23名(今年度の継続生を含む)と保護者の皆さんが会場に集まりました。   講師にNPO法人キドックス代表理事の上山琴美さんを迎え、引きこもりや不登校などにより、社会で居場所が見つからずに孤… 続きを読む

2022年度修了式を挙行しました<2023.3.27>

桜が満開の筑波大学で、2022年度受講生50名の修了式を挙行しました 修了式では、筑波大学体育系 角川隆明先生による講演「水泳競技の流体力学的およびバイオメカニクス的研究 コーチングの観点から 水泳を学ぶ」の後、研究施設(屋内プール)を見学しました。午後は、継続生の代表が個人研究… 続きを読む

2月のサイエンスカフェは「建築デザイン学」を学びました<2023.2.12>

2月のサイエンスカフェ「建築デザイン学」では気候応答型居住環境や世界の植民都市、都市型住居の形成とその現代的展開に関する研究を行っている山田協太先生(筑波大学 芸術系 准教授)に講演いただき、受講生にとって身近な住居から、住居の構造(建築学)とデザイン(芸術)が気候(気象学)、植… 続きを読む